5. ビジネス統計の基本を押さえておきたい

インターネットやセンサーの発達に伴って、大量のデータの収集や蓄積が容易となり、ビッグデータ化の流れがどんどん加速しています。昨今ではデータを分析する手法として統計学が注目を集めており、ビジネスの現場においても統計的な解析が必要なケースが増えつつあります。ここではビジネスに使える統計の基本的な部分をピックアップしました。自ら統計的な分析を行うことは無くとも、基本的な素養として、統計で何ができるのかを知識として備えておくことには意義があります。より高度な統計手法の解説は「ビジネス統計」のカテゴリに講座のご用意がありますので、興味をもたれたら上位の講座に進まれることをお勧めします。

講座名 講義時間 本数 内容
1 データの特性を知る 95分 11 本講座は、これからビジネス統計を学んでいくにあたって最初の一歩となるものです。データの集計方法、度数分布表とヒストグラム、いくつかの代表値(平均値、中央値、最頻値等)、分散について丁寧に解説します。
2 確率分布と標本データ 106分 18 本講座では、統計分析で最も頻繁に使われる5つの確立分布と標本データについて理解を深めます。世の中の事象のほとんどはこの5つの確率分布でカバーできてしますから、しっかりと内容をおさえておきましょう。